詞:海月

01/13/2017

まるで空中を漂う海の月を眺めていた

ここはとても静かな場所 秘密をそっと溢せる場所

 

気づかれないようにそっと、そっと

 

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

雨の音が優しく降り注ぐ

燃えるような思いでさえもためらう

月明かりが落とした涙 拾い集めたら世界は変わるの

 

夜の誰もいない街 ひとり歌うの 光に照らされるまで

 

海の月のようにただ揺れていたい

 

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

雨の音が優しく降り注ぐ

誰にも会えなかった日には ひとり車の中で流れる歌歌いながら

あなたのことを思うの

 

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

 

雨の音はいつだってそう、放物線を描きながら私の心を叩く めぐる思い

今度休みが合えばあなたのことをドライブにでも誘ってみよう

邪魔された夢の続きを

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 3, 2019

August 7, 2019

April 16, 2019

Please reload

アーカイブ