検索
  • 山広 朋実

早いもので、弥生。


更新しなさすぎて、このブログを見ている人は本当にいないんじゃないかと思います。

まあ、わざわざ「ブログ見てるよ〜」とかって言わないか。

「最近なかなか自分の歌詞が書けない」と、よく言ってますが、

一昨年や去年の前半に比べて少ないだけで、2.3ヶ月に1曲は出来てるんです。

たぶんそれは曲になるペースの遅い早いではなく、

形にしたいものはたくさんあるのに、追いついてないから。

消化できてなくて「なかなか書けていない」と感じているんだな。

という事に最近気づきました。

なんだか、なにかがとても溜まっている。

なにかとか言って、大凡自分で解ってる。

森山直太朗の舞台「森の人」を見ました。

ものすごい良かった。でもまだぼんやりしているところがあるので、もう1度見ようと思います。

愛とは、宇宙のように理解や説明し得ないもの

という印象が残って出来た歌があります。

没曲になるかもと思っていましたが、いつか歌います。

いつかとか言っといて、たぶん近々。

トップページにも記載しましたが、

月に1回のワンマンライブ「山広朋実を聴く会」

2月はBar AM、のんびりゆったりなセットリストで歌いました。

3月は銀山ベースです。

AMの時に、短かった!と言っていただけたので、もうすこし曲数増やして挑もうと思います。

19:30〜21:30くらいまで、色んな歌を歌います。

よろしくお願いします。

それでは、

「愛はまぼろし」

 それは宇宙

 逆らえない無重力

 そこにはなにもない

 在ろうとも 問いかけても

 愛はまぼろし

 和三盆のくちどけ

 雪のように溶けていく

 さよなら

 君は言う 戻れない道の上で

 「言葉にするのは、最後までとっておこう。」

 愛はまぼろし

 満ちて欠けて消えていく

 約束なく花は咲くようにめぐる

 愛はまぼろし

 和三盆の口溶け

 雪のように溶けていく

 さよなら

 それはただ

 逆らえない体を包む


6回の閲覧

ライブのお誘い、予約、その他諸々についてはこちらへ。