検索
  • 山広 朋実

詞:誰も知らない


できるだけ近い言葉で遠い気持ちを歌うの

風が吹く街で出会った新しい靴を履いて

光る草原を歩いてる夢を見たの

私、幼すぎて あなたを思った

どうせすぐに忘れられると思って泣いた夜もあるけど

歌うことやめられないのは私が私でいられるから

知らない世界のおはなし 夢見るように歌うの

一瞬で消えた悲しみはあなたがさらっていった

まわる毎日を呆けて過ごしていたの

着飾る人たちも私も誰も

景色ばかりを切り取ってそこにあるもの見過ごしていた

聞こえてくる歌声は嘘みたいな本当よ

どうせすぐに忘れられると思って泣いた夜もあるけど

歌うことやめられないのは私が私でいられるから


0回の閲覧

ライブのお誘い、予約、その他諸々についてはこちらへ。