詞:海月


まるで空中を漂う海の月を眺めていた

ここはとても静かな場所 秘密をそっと溢せる場所

気づかれないようにそっと、そっと

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

雨の音が優しく降り注ぐ

燃えるような思いでさえもためらう

月明かりが落とした涙 拾い集めたら世界は変わるの

夜の誰もいない街 ひとり歌うの 光に照らされるまで

海の月のようにただ揺れていたい

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

雨の音が優しく降り注ぐ

誰にも会えなかった日には ひとり車の中で流れる歌歌いながら

あなたのことを思うの

真夜中3時に目が覚めて あなたとの夢は邪魔された

雨の音はいつだってそう、放物線を描きながら私の心を叩く めぐる思い

今度休みが合えばあなたのことをドライブにでも誘ってみよう

邪魔された夢の続きを


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

桜の花が咲く頃 あなたは遠くの街にいるだろう この歌が届くことはきっとないけれど私は歌っているよ いつも自分で切っていた前髪も 美容院に行きなよ 一緒にできなかったあれこれも しばらくおあずけだね 「さよなら」は言わないよ 今度会う約束をしようよ 今年の桜はいつもより早く咲けば良いのになぁ

私のことはもう捨てて 振り向かないで行って あなたのこと嫌いになれないから わかりあえないことも 優しくなれたことも 涙を流しながらあなたを待ったこともあった 言葉が足りなくて伝わらないことも 言葉はいらないからそばにいてほしい時もあった 私のことはもう捨てて 振り向かないで行って きっとあなたのこと嫌いになれないから もう恋なんでしないと思うのは今だけよ さよなら 変われない心があなたを傷つける

できるだけ近い言葉で遠い気持ちを歌うの 風が吹く街で出会った新しい靴を履いて 光る草原を歩いてる夢を見たの 私、幼すぎて あなたを思った どうせすぐに忘れられると思って泣いた夜もあるけど 歌うことやめられないのは私が私でいられるから 知らない世界のおはなし 夢見るように歌うの 一瞬で消えた悲しみはあなたがさらっていった まわる毎日を呆けて過ごしていたの 着飾る人たちも私も誰も 景色ばかりを切り取っ