検索
  • 山広 朋実

詞:なんにもない


なんにもない なんにもない世界には

空っぽになってしまった心がひとつ

誰にもわからず涙を あの子は流していたのに

虹がかかった空を見てる気持ちは

ただ ただ素直だったなぁ

言葉にしないとダメなことくらいわかってはいたのさ

同じ気持ちになりたくて今日も歌っているのさ 愛を 愛を

虹がかかった空はただ広がっていて

僕のダメなところ包んでくれた

夜の街灯 朝の陽ざしに隠れたことばのように

生きている音鳴らしながら今日も歌っているのさ 愛を 愛を

なんにもない なんにもない毎日でも捨てるところはひとつも無い

悲しけりゃなき 楽しけしゃ笑おう

空は空で青いから

君は君で僕は僕で 世界はただそれだけのことさ


0回の閲覧

ライブのお誘い、予約、その他諸々についてはこちらへ。