検索

12.5 尾道 ハライソ珈琲

トウヤマタケオpresents ナオユキmeetsオカダノリコ 「今年中にオカダノリコさんを見ておいた方が良い」 と、前日の夜に思い立ち、オカダさんに連絡。 当日、尾道に着いたのは17時過ぎ。 「今日はカレーが食べたい」と思ってチェックしていたカレー屋さんを回るも、残念ながらしまっていました。 商店街を2周くらいふらふら歩いて、参遍来というお店の前を通るとカレーの文字が。 行ってみるかということでお店に入るとカウンター席の小さいお店で、男性が1人でされていました。 カレーを食べるつもりで入ったんですが、メニュー(無印らしきノートに手書きで書かれてました)にカオマンガイが。 ということで、カレーを求めていましたがカオマンガイをいただきました。(シンハーも) 甘辛のタレ、しっかりした味でした! ハライソ珈琲、7年ぶりくらいに行きました。 1組目、オカダノリコさん。 40分くらい、ゆっくり見れた。 オカダさんはイメージ通りの人で、まっすぐまっすぐ歌う人だなと思った。 し、ギターも良い。 私が憧れる(好きな)、"男前な女性"でした。 ちょっと話は変わるんですが、私は、よく思うんですが、知りすぎない方がその人の事を好きになれるというか、その人に魅力を感じることが多い。 島崎智子さんの「間柄」という歌、 友達以外に話せて良かった 普通になんでもない間柄に憧れてた ずっと長い間こんな日を夢みてた おじいちゃん おばあちゃんになっても関わっていたい 滅多に会わなくてもお葬式には出たい 私が感じたこの歌の距離感が良い。 誤解を恐れず言うと、知り合ったから、はたまた共通の何かがあるから、友達だとは

ライブのお誘い、予約、その他諸々についてはこちらへ。