いおう​

ぽつりと灯る

湯気の香り

溶ける体を

富士山が見下ろす

ほろりと伝う

夕の空に

やまない雨の

音を聴きながら

 

ふたつ並んだ

月に隠れて

溶けない魔法

明日は何処

カランコロンと

氷の詩人が

溶けてく瞳に

キスをした

 

シャッポを脱いだ

似たもの同士

のぼせてしまった

わたしたち

どっちが先に

ラムネを買ったか

知っているのは

番台の審判

お願いがある

伝えて欲しい

きっと鉢合わせも

しないから

ぽつりと灯る

湯気の香り

溶ける体を

富士山が見下ろす

ほろりと伝う

夕の空に

やまない雨の

音を聴きながら

やまない雨の

音を聴きながら