​星空のララバイ

「もうそろそろやめにしないか。俺たちのこの生活を。」

置き手紙の端っこに そっと小さく返事をした

 

「そうやっていつも君は、俺の憂鬱の隙を撃つ。」

春風のテレパシーに なぜが走り出した

理由もなく

 

ずっとずっと思っているよ

ずっとずっと思っていたいから

空を見上げていたのは

輝いていた君を思い出すから

 

一つだけ

お気に入りのこの椅子は持っていくから

この部屋も嫌いじゃないけれど

星空のララバイ 風に押されて

 

ずっとずっと思っているよ

ずっとずっと思っていたいから

さよならしよう

悲しみは 寂しさに慣れてしまった事

 

ずっとずっと思っているよ

ずっとずっと思っていたいから

「さよなら」

そう言えたのは 君の香りのせいじゃない

 

さよならしよう

悲しみは 輝いていた君を思い出すから