「網代侑祐の朗読と楽しむ山広朋実の世界」で披露した文を、せっかくなのでここにも残しておこうと思います。