「6月最後の土曜日に」

ねぇ君はもう遠くに行くんだね

もうすこしだけ一緒にいたかった

 

なんて頃なの

湿ったアスファルトは夏の道標

空が晴れても気が晴れないのは

手持ち無沙汰だから

たぶんだけど

 

更地の前で俺は手を伸ばした

何もないところにさえしがみつきたかった

遠く聴こえる声が耳障りでも

とりあえず明日の予定に変わりはないから

 

なんて頃なの

君は去っていくの遠い街へと

さよならはきっと悲しいだけじゃ無いと

わかっちゃいるけど

 

からっぽの空に俺は明日を想った

ハイカラな景色なんて

ちょっとも似合わなかった

喉の途中のところで足踏みしてるなら

泣けよ好きなだけ

そう聞こえた

 

更地の前で俺は手を伸ばした

何もないところにさえしがみつきたかった

遠く聴こえる声が耳障りでも

とりあえず明日の予定に変わりはないから

夏が来る