「​ラストシーン」

水の中から空を見た

泣いてるのかい?と声をかけた

風の強い日だった

 

好きな小説の最後のページが

めくれないまま大人になった

モビールが風に揺れる

 

水槽の魚達は

今日もちょろちょろと泳ぎまわって

食べくさしのエサ

気づかないフリしてないよ

いまさら

君は素敵だよ

僕はそう思ってる

届かない手紙を送った

あたたかな春だった

遠くに聞こえてきた

君の歌声が耳に残っていた

流された嘘

よそ見していた日のこと

いまさら

ラストシーンには何もなかった

夕映えに染まる

あの海を見に行こう

君は素敵だよ

僕はそう思ってる

届かない手紙を送った

あたたかな春だった