デュエット

見上げた空に雲。

その中に、あなたに言いそびれた言葉がある気がした。

鳥になった私はそこまで飛んでいくのだけれど、

近づくほどに雲は形を変えて、私は行く先を見失ってしまった。

そんな時、あなたの声が聞こえた気がした。

あなたはいつも私に語りかけてくれていたのに、私は結局何も伝えられなかった。

今すぐあなたに会いたい。

私はもう言葉を話す事はできないけれど、今すぐ会って、あなたの好きな歌を一緒に歌いたい。

見上げた空に雲。

相変わらずあなたへの言葉は見つからないけれど、遠くで聞こえるあなたの声に、私も静かに重ねていた。

もっとあなたを知りたいから一緒に歌を歌いましょう。

歌を歌う。

それだけで良い。

見上げればそこには、雲ひとつない空があった。