「からから」

遠く広がる地平線に思わず目を細めた

大きく手を振ったのに誰にも気付かれなかった

こんな素晴らしい何もない場所で君は生まれた

大きな木の下で話したあの日のことを

忘れたくとも忘れられない

伝える必要もないから

溜め込んでいた十二年分の手帳はもう捨てよう

記憶が少しからっぽの方が世界は綺麗に見えるから

 

繰り返す新しい朝はいつも眩しかった

気づいた頃には目も覚めて

君もさっぱり居なくなってた

句読点をつけた思いはなんだかやりきれなかった

今すぐ君に会いたい

なぜだろう

わかっているんだろう

流行らない歌を歌っているのは

流れない思いがあるから

心が少しからっぽの方が

きっと優しく出来るから

 

コーヒーを飲むようになったの?

タバコはもうやめたんだね。

そういえばそうだったね。